Arsaga Partners, Inc.

PSD

読み方:ぴーえすでぃー

  

PSDとは

Adobe Photoshop固有のデータ形式のことです。「Photoshop Data(又はDocument)」を略したもので、PSDファイルの拡張子は「.psd」です。

 

PSDの特徴

JPG、PNGなどの画像ファイルと異なる点として、レイヤーやパス、解像度、スマートオブジェクト、カラーモードなど、Photoshopの独自の機能が含まれているのが特徴です。

 

そのため、途中で文字の大きさを変更したり、色を変更したり、写真の補正や合成をすることも可能で、デザインやイラスト制作の現場でよく使われています。

 

Web(ホームページ、SNSなど)で表示させる場合、画像は「JPEG(.jpg)」や「PNG(.png)」などへの書き出しが必要です。

 

現場の声

現在、ホームページを制作する際には、専用ソフト(XD、Figma、Sketch)などが使われています。しかし2010年代中盤迄は、PSDでホームページをデザインすることがありました。現在は、ホームページをデザインする機能はほとんどXDに移行されています。

 

XDからPSDに変換したり、PSDからXDに完璧に変換することはできません。

 

ホームページのリニューアルプロジェクトなどで、過去のデータがPSDで作られている場合は、一度担当デザイナーにご相談ください。※PSDからXDに変換する際にコストがかかる場合があります。

 

 

関連用語

JPEG
PNG

 

 

<執筆・監修>
アルサーガパートナーズ株式会社 DX技術用語集制作チーム Design div

制作・監修

アルサーガパートナーズ
DX技術用語辞典 制作チーム

当社は、営業部隊を持たないDX開発パートナースタジオです。

お問い合わせはこちら

CONTACT

下記よりお気軽にご相談ください。

LINEでお問い合わせ

RECRUIT

採用情報

アルサーガパートナーズ株式会社は、一緒に働く仲間を募集しています。 「人間らしく生きる」「自分で考えて行動する」という文化を重視しており、「バグを否定しない」という言葉を掲げています。 挑戦をし続けることが一番の成長に繋がると信じているからです。 まずは挑戦する第一歩を踏み出してもらえれば幸いです。

RECRUIT

採用情報