Arsaga Partners, Inc.

SSG

読み方:えすえすじー

  

SSGとは

SSGとは、Static Site Generatorの略。日本語では、静的サイトジェネレーターと言います。
HTMLファイル生成をビルド時に事前に行います。レンダリング済みのHTMLファイルをサーバーにホスト(※)し、リクエストがあったタイミングで生成されていたHTMLファイルを返却します。

 

※他の機器に何らかの機能を提供するコンピュータのことや、ネットワークに接続されたコンピュータのこと。

 

SSGの処理の流れ

1. 事前にサーバーでビルド&レンダリングを行う
2. その後、サーバーからAPIサーバーに必要な情報を受け取る
3. クライアント側でリクエストする
4. ビルド済みのデータがレスポンスで返ってくる

 

SSGのメリット

  • SPASSRよりレスポンスが高速
    SSGは事前にレンダリングを行い、静的サイトを配信しているため。

 

SSGのデメリット

  • 更新頻度の高いサイトには不向き(データの更新毎に再ビルドを行うため)
  • ページ数が多くなるほど、ビルド時間が遅くなる

 

 

関連用語

SPA
SSR
Jamstack
レンダリング

 

 

<執筆・監修>
アルサーガパートナーズ株式会社 DX技術用語集制作チーム フロントdivision

制作・監修

アルサーガパートナーズ
DX技術用語辞典 制作チーム

当社は、営業部隊を持たないDX開発パートナースタジオです。

お問い合わせはこちら

CONTACT

下記よりお気軽にご相談ください。

LINEでお問い合わせ

RECRUIT

採用情報

アルサーガパートナーズ株式会社は、一緒に働く仲間を募集しています。 「人間らしく生きる」「自分で考えて行動する」という文化を重視しており、「バグを否定しない」という言葉を掲げています。 挑戦をし続けることが一番の成長に繋がると信じているからです。 まずは挑戦する第一歩を踏み出してもらえれば幸いです。

RECRUIT

採用情報