Arsaga Partners, Inc.

NEWS

ニュース

NEWS

ニュース

ベクターデータとは

2021.04.27

  • DX技術用語辞典
  

ベクターデータとは

ベクターデータとは、パス、シェイプ、テキストなどの画像を構成する要素の集合、ならびに座標などの数値データを画像として再現したデータ形式をいいます。
ベクターデータのファイル形式には、「SVG(.svg)」「AI(.ai)」「EPS(.eps)」があります。

「SVG(.svg)」「AI(.ai)」「EPS(.eps)」の違い
SVG:Webに適したデータ形式
AI:Adobe Illustrator固有のデータ形式
EPS:Illustrator以外でも展開可能なデータ形式。基本的には、印刷業界で使われている拡張子。透過ができない。

ベクターデータの特徴

  • 画質が劣化しない
    一度作成したベクターデータは、データを開くたびに再計算が行われ、画面上に展開します。そのため、拡大/縮小、加工を行っても、画質が劣化しません。そのため、平面、立体(映像)の現場で、ベクターデータを扱います。
    また近年では、Web上で企業ロゴなど、きれいに表示させたい画像ファイルにもベクターデータが使われています。Web上でベクターデータを扱う場合、SVG形式で出力します。
  • 扱えるソフトウェアが限られている
    JPGやPNGに代表されるラスターデータと比べ、扱えるソフトウェアが限られています。
    デザインの現場では、主にAdobe Illustratorを利用して、ベクターデータの作成、編集を行います。他にも、有料ソフトではCorelDraw、花子(一太郎シリーズ)などがあります。
    これらのソフトウェアは、デザイナー以外の専門家には取り扱いがややむずかしいものになります。ベクターデータを扱う場合、インハウスデザイナーか、外部のデザインパートナーに相談することをおすすめします。

デザインの現場から!実務お役立ち情報

従来Webではラスターデータ、印刷業界はベクターデータがデファクトスタンダードでした。
しかし、近年Webの発展に伴い、Webでも、ラスターデータを扱うことが可能となりました。
PNGが好ましい。

<関連用語>
SVG
ラスターデータ

◆執筆・監修:
アルサーガパートナーズ株式会社 DX技術用語集制作チーム Design div

アルサーガパートナーズは、ITサービスの開発に必要な組織を全て備えた、営業部隊のいないIT開発集団です。

お問い合わせはこちら