Arsaga Partners, Inc.

NEWS

ニュース

NEWS

ニュース

「体験」で広げる思いやりの心。サイバースポーツ合同体験会に参加致しました

2021.08.04

  • イベント
  • トピックス
  

ボッチャ大会 TOP画像

2021年7月11日(日)、パラリンピック開催を目前に、ユニバーサルスポーツ体験を通してより多様性のある、開かれた社会への理解・貢献に向けた活動を行うため、株式会社ワントゥーテンにてサイバースポーツ合同体験会が開催されました。アルサーガパートナーズからは、社長以下10名が参加致しました。

この記事ではイベントの様子をお伝えいたします。

※本イベントは、マスク着用、十分な換気、アルコール消毒等、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を徹底した上で実施致しました。

概要

「サイバースポーツ合同体験会」
日時:2021年7月11日(日)13時~15時
場所:株式会社ワントゥーテン 東京本社(天王洲アイル)
体験種目:CYBER BOCCIA S、CYBER WHEELX
参加者:合計20名
※アルサーガパートナーズからは10名が参加

参加レポート

CYBER BOCCIA S

CYBER BOCCIAS
CYBER BOCCIA Sとは、パラリンピックの正式種目「ボッチャ」を、より多くの人が楽しめるように開発されたサイバースポーツシステムです。

ボッチャは、2チーム対抗で競うスポーツです。ジャックボールと呼ばれる目標球に、赤/青チー ムに分かれ、各チームのボールを投げたり、転がしたり、当てたりすることで、ジャックボールまでの距離を競います。ボールは1チーム6球です。審判は、ゲームの進行のほか、ジャックボールまでの距離を測定します。相手より、ジャックボールに何個近いかが得点になり、ジャックボールまでの距離が最も近いほうが勝利となります。

ボッチャをデジタル技術で拡張したCYBER BOCCIA Sでは、センシング技術により、ボールの位置と距離の計測をリアルタイムでトラッキングすることができます。ゲームの進行状況がデジタル映像でモニターやスクリーンに映し出されるほか。自動音声によるアシスト機能があるため、審判がいなくてもプレイを進行することが可能です。投球ごとにサウンドや演出など、サイバースポーツならではの体験を楽しむこともできます。

CYBER BOCCIA S 2▲「パラリンピックでは、ジャックボールの上にボールを乗せ、ミリ単位でボールの近さを競うなど、高度なプレイが見られます。戦略性が問われるスポーツです。パラリンピックの前に、ぜひ覚えてくださいね」と、ワントゥーテンの楠美さん。

CYBER BOCCIA S 3
この日は2名ずつ10チームに分かれ、トーナメント戦形式で進行しました。

CYBER BOCCIA S 4
ゲームの進行に合わせ、「赤チームが優勢になりました」「ジャックボールに近いです」「がんばってください!」など自動音声のナビゲーションがあります。そのため、アルサーガチームでは、初めてプレイするメンバーがほとんどでしたが、スムーズにプレイを進めることができ、大いに盛り上がりました!

また、ボッチャでは、「ボールを投げる」という単純な動作で遊ぶことができるがゆえに、性格が出る一面も。

CYBER BOCCIA S 5▲ジャックボールを自陣に有利な場所に「置き」に行く当社代表小俣。

CYBER BOCCIA S 5▲抜群のセンスを見せ、喝采を浴びるインフラエンジニアの服部。

白熱の試合の結果、当社代表小俣とインフラエンジニア服部によるペアが勝利。景品として、ワ ントゥーテン社様のミッション「Ignite Everyone, Update Everything.」のタグラインがプリントされたオリジナルマグカップを頂きました。

CYBER BOCCIA S 6
「ボッチャはセンスが問われる面白いゲームですね。知るだけでなく、自ら体験することでユニ バーサルスポーツの魅力を広げ、社会の発展に貢献していければと思います」(当社代表取締役 CEO/CTO 小俣)

「ボッチャの魅力は、一進一退の駆け引きがあり、楽しく遊べるところだと思います。弊社代表もそうなのですが、プレイに性格が出ますので、その辺りをうまく読みながら、球を『配置していく』 のが勝利のコツかと思います」(インフラエンジニア 服部)

CYBER WHEEL X

CYBER WHEEL X

「CYBER WHEEL X」は、VRを活用したeエクストリームスポーツです。

プレイヤーは、車いすレーサーを再現した乗り物に乗り、2100年の東京を舞台につくられたコースで速さを競います。

CYBER WHEEL X 2

「レーシングゲームのような見た目ですが、実際にやってみると、ものすごく疲れることがわかると思います。車いすレースの100mの人は今よりももっと長く感じると思います。パラリンピックの見方が変わるかもしれません」と楠美さん。

CYBER WHEEL X

アルサーガからは、代表小俣、元キックボクサーのエンジニア月田、社長室 星野、広報宮崎が参加しました。

「体力には自信がありましたが、本格仕様でプレイをしてとても疲れました。VRを通して東京の景色が映し出され、没入感があります」(サーバーサイドエンジニア 月田)

CYBER WHEEL X 3
「はじめてプレイしたのですがめちゃくちゃ疲れました。無事勝利でき、広報室の尊厳が守れたのでよかったと思います」(広報 宮崎)

おわりに

今回のサイバースポーツ合同体験会では、普段あまり触れる機会のないユニバーサルスポーツの世界に、サイバースポーツを通して触れることができ、楽しく盛り上がるとともに大変勉強になりました。またプレイを通して、社内メンバーの業務以外の一面を知ることや、他社様との交流を 深めることができ、貴重な機会となりました。改めてこのような場を頂きましたワントゥーテン社 様、参加者の皆様にお礼を申し上げます。

アルサーガパートナーズでは、今後も企業活動を通した多様性のある社会の実現に向け、スポーツをはじめとしたさまざまな活動に取り組んでまいります。

(写真:アルサーガパートナーズ インフラエンジニア 服部/広報室 宮崎)