Arsaga Partners, Inc.

WORKS

制作事例

中小企業、小規模事業者のための経営相談と専門家派遣

中小企業119

画面キャプチャ

Executive Summary

サービス概要

中小企業庁が運営する「中小企業119(URL:https://chusho119.go.jp/)」は、様々な経営課題を抱える中小企業・小規模事業者等に対し、それぞれの課題に対応した専門家を3回まで無料で派遣することで、その解決を支援する事業です。

 

具体的には、中小企業・小規模事業者等は、自助努力だけでは解決が困難な経営課題(販路拡大、ITを活用した経営力強化、新事業の創出等)について地域の支援機関(よろず支援拠点や商工会・商工会議所、都道府県等中小企業支援センター、金融機関等)に相談を行います。相談を受けた支援機関は、自機関では解決困難な経営課題に対し、それぞれの経営課題に対応した専門家を選定し、中小企業・小規模事業者等の元への派遣を行います。

 

「中小企業119」は、中小企業・小規模事業者等と深い知見を持つ専門家の橋渡しを行い、新たなビジネス創造や経営改革等をサポートします。

 

本仕組みの実現にあたり、アルサーガパートナーズ(以下、当社)は、株式会社サイシード(以下、サイシード)の企画のもと、システム開発会社として参画致しました。

 

サービス名 中小企業119

中小企業119

サービス提供者 中小企業庁
URL:https://chusho119.go.jp/
提供内容 要件定義(UX・UI)、技術支援、開発、デザイン(Webページ、Webシステム、ロゴマーク)
基本体制 ディレクター1名、エンジニア8~9名(フロントエンド2名、バックエンド3名、運用保守2名、QA1~2名)、デザイナー2~3名

 

開発体制

本プロジェクトは、サイシードとアルサーガパートナーズの2社協業体制で推進致しました。
当社は、主に専門家の派遣を手配する支援機関が使用するWebシステム、専門家登録用のLINEシステム構築、事務局用のWebシステムそれぞれを構築しました。加えて、本事業を広く発信するためのWebサイトの制作、サービスロゴの制作も行いました。

 

 

 

開発のポイント「コミュニケーション」

本プロジェクトの開発現場には多くの関係者やユーザー層が存在致します。当社は、UX・UIの要件定義ならびシステム開発会社として、さまざまな協業、意思決定のプロセスに参画致しました。

 

さまざまなユーザー層への使いやすさを追求するべく、BtoCサービス開発構築の経験を活かし、ユーザーが使いやすい導線、UX・UIの提案をする機会を多く頂きました。

 

サイシード社とはSlackで常時連絡を取り開発を進めるほか、中小企業庁とも、Backlogを通して、直接かつ頻繁にコミュニケーションを取ることで、開発スピードの向上へ取り組みました。これらの取り組みの結果、開発日程の遅延はありませんでした。

 

デザインのポイント「ユーザー層ごとのUX・UIと統一感を両立」

本システムは、1つの仕組みの中にユーザーが3種類(支援機関、専門家、事務局)存在し、必要な機能が異なります。異なるユーザーに向けたデザインを推進するにあたり、それぞれに最適化された画面を提供するだけでなく、ブランドイメージが崩れないよう、ロゴカラー等を揃えることで統一感を出しました。

 

ロゴのコンセプトシート
中小企業119
コンセプトシート

本事業を一般に広く伝えるためのWebページの制作では、経済産業省のアクセシビリティガイドラインを遵守した上で、より多くの中小企業・小規模事業者等の方々に情報を届けられるよう、可読性を重視致しました。

 

FAQページを作成されたサイシード社との協業においては、ブランドイメージに統一感が出るよう、キーカラーについてよく話し合い、世界観を作りこみました。

 

制作実例一覧に戻る